モリ工業株式会社が製造している機械構造用炭素鋼鋼管についてご紹介いたします。
会社案内新着情報製品情報リクルート投資家の皆様へ環境への取り組み
<普通鋼>機械構造用炭素鋼鋼管
HOME > 製品紹介 > 普通鋼 > 機械構造用炭素鋼鋼管

機械構造用炭素鋼鋼管

自動車部品、家具、各種機械の部品など、幅広い用途に使用されております。

規格番号 JIS G 3445
種類 STKM 11A、STKM 12A、STKM 13A、STKM 13B、STKM 14A、STKM 18A
用途 自動車部品、鋼製家具、医療器具、シャッター部材など

製作可能寸法および質量

(単位:kg/m)
外径(mm)/厚さ(mm) 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 1.9 2.0 2.3 2.8 3.2
7.0 0.122 0.148                
8.0 0.142 0.173                
9.0 0.162 0.197                
9.5 0.172 0.210                
10.0 0.181 0.222 0.260   0.331          
12.0 0.221 0.271 0.320   0.410          
12.7 0.235 0.289 0.340 0.390 0.438          
13.8     0.373 0.428 0.481   0.582 0.652    
14.0 0.260 0.321 0.379 0.435 0.489          
15.9 0.298 0.367 0.435 0.501 0.564   0.686 0.771    
17.3     0.476 0.549 0.619   0.755 0.851    
19.1 0.361 0.446 0.530 0.611 0.690   0.843 0.953    
21.7     0.607 0.701 0.793 0.928 0.972 1.10 1.31  
22.2   0.523 0.621 0.718 0.813   0.996 1.13    
24.0     0.675 0.780 0.884   1.09      
25.4   0.602 0.716 0.829 0.939   1.15 1.31   1.75
27.2     0.769 0.891 1.01 1.19 1.24 1.41 1.68  
28.6   0.681 0.811 0.939 1.07   1.31 1.49    
29.5   0.703 0.837 0.970 1.10   1.36 1.54    
31.8   0.760 0.906 1.05 1.19   1.47 1.67 2.00  
34.0     0.971 1.13 1.28   1.58 1.80 2.15 2.43
35.0     1.00 1.16 1.32   1.63 1.85    
38.1     1.09 1.27 1.44   1.78 2.03    
42.7     1.23 1.43 1.62   2.01 2.29    
45.0     1.30 1.51 1.71   2.12      
54.0     1.56   2.07          
60.5     1.75   2.32          
  • 外径7.0〜14.0mmはJISマーク表示対象外となります。
  • 定尺長さは5.5mですが、8mまではご相談に応じます。
  • 本表以外のサイズについてもご相談に応じます。
  • 単位質量(kg/m)
    0.02466×厚さo×(外径o−厚さo)
    (注)上記の式により計算し、JIS Z 8401の規則Aによって有効数字3けたに丸める。

化学成分および機械的性質

種類の記号 化学成分% 引張試験 へん平試験 曲げ試験
C Si Mn P S 引張
強さ
N/mm2
降伏点
または
耐力
N/mm2
伸び% へん平性 曲げ性
11号
試験片
12号
試験片
縦方向
平板間の
距離(H)
Dは管の
外径
曲げ
角度
内側
半径
Dは管の
外径
STKM11 A 0.12
以下
0.35
以下
0.60
以下
0.040
以下
0.040
以下
290以上 - 35以上 1/2D 180° 4D
STKM12 A 0.20
以下
0.35
以下
0.60
以下
0.040
以下
0.040
以下
340以上 175以上 35以上 2/3D 90° 6D
STKM13 A 0.25
以下
0.35
以下
0.30〜
0.90
0.040
以下
0.040
以下
370以上 215以上 30以上 2/3D 90° 6D
STKM13 B 440以上 305以上 20以上 3/4D 90° 6D
STKM14 A 0.30
以下
0.35
以下
0.30〜
1.00
0.040
以下
0.040
以下
410以上 245以上 25以上 3/4D 90° 6D
STKM18 A 0.18
以下
0.55
以下
1.50
以下
0.040
以下
0.040
以下
440以上 275以上 25以上 7/8D 90° 6D
  • 外径40mm以下の管については表の伸びは適用しない。
    ただし、特に必要のある場合は、受渡当事者間の協定による。
  • 引張試験片を採取する場合、12号試験片は継目を含まない部分から採取する。
  • 厚さ8mm未満の管で12号試験片を用いて引張試験を行う場合には、伸びの最小値は、管の厚さが
    1mmを減じるごとに表の伸びの値から1.5を減じたものを、JIS Z 8401の規則Aによって整数に丸める。
  • へん平試験における平板間の距離(H)の最小値は、厚さの5倍とする。
  • 曲げ試験は、外径50mm以下の管に適用し、とくに注文者の指定のある場合に、へん平試験の代わりに行う。
    なお、曲げ試験およびへん平試験は、注文者の承認を得る場合には、省略してもよい。

寸法の許容差

標準品は下記表の許容差を元に作成しております。

(単位:mm)
外径 厚さ 長さ
外径 許容差 厚さ 許容差 許容差
25未満 ±0.12 2未満

2以上
±0.15

±8%
+50
0
25以上40未満 ±0.15
40以上50未満 ±0.18
50以上60未満 ±0.20
60以上70未満 ±0.23

使用例

椅子
椅子
自動車用シート
自動車用シート

pagetop
HOME お問い合わせ サイトマップ English モリ工業株式会社