ステンレスパイプのトップメーカー【モリ工業】の社長挨拶のページです。
会社案内新着情報製品情報リクルート投資家の皆様へ環境への取り組み
会社案内
HOME > 会社案内 > 社長挨拶

社長挨拶

取締役社長 森 宏明

取締役社長 森宏明皆さまもよくご存知のように、ステンレスは、優れた耐食性と機能性により、私たちの生活において深いつながりを持つ金属として、建造物をはじめ化学設備、自動車、電気製品、家具、厨房設備などの各方面で活用されており、生活の向上に、産業の発展に、重要な役割を果たしております。

モリ工業は、昭和4年に堺市で、自転車用前ホーク(鋼管の加工品)メーカーとして誕生した会社ですが、このステンレスの将来性に着目し、昭和34年に、ステンレス溶接管の業界に進出しました。

クラッド管、薄肉管、装飾管、配管用管などつぎつぎとステンレスパイプを世に送り出すとともに、そのパイプを素材とした物干し竿、フレキシブル管、熱交換器などのユニークな二次加工品も幅広く手がけてまいりました。

また、昭和58年からは、パイプ以外の製品として、フラットバー、アングル、丸棒などステンレス条鋼製品の開発にも取り組み、そして今日では、月産4000トンを誇る日本でも屈指のステンレスメーカーに成長し、「ステンレスのモリ工業」と言われるまでに発展してまいりました。

このように、モリ工業は、ステンレスとともに、80年余を生き抜いてきた会社でございます。今後とも、新需要の開拓を通じて、いささかでもステンレス業界の発展に貢献できればと願っております。
進取的かつユニークな経営を推進し、皆さま方のご期待にお応えする所存でございますので、何とぞ、一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。


pagetop
HOME お問い合わせ サイトマップ English モリ工業株式会社