ステンレスパイプのトップメーカー【モリ工業】のあゆみをご紹介いたします。
会社案内新着情報製品情報リクルート投資家の皆様へ環境への取り組み
会社案内
HOME > 会社案内 > 当社のあゆみ

当社のあゆみ

昭和4年
(1929)
4月 初代社長森明長が堺市で森製作所(当社の前身)を設立し、自転車用の前ホーク製造を開始
昭和24年
(1949)
1月 個人企業を株式会社に組織変更し、森明長が社長に就任
昭和34年
(1959)
10月 新製品としてステンレス管の製造を開始し、業種転換に着手
昭和36年
(1961)
2月 社名をモリ工業株式会社に改称
9月 河内長野工場第1期工事が完了
10月 ステンレス管の二次加工品(ガスバーナーなど)の製造を開始
昭和38年
(1963)
5月 本社および堺工場を河内長野工場に移転し、全事業場を河内長野市に集約
11月 新製品として自動パイプ切断機の製造を開始
昭和39年
(1964)
10月 東京営業所を開設
11月 名古屋営業所を開設
昭和40年
(1965)
1月 第2代社長に森明信が就任
12月 新製品として鋼管(普通鋼)の製造を開始
昭和42年
(1967)
5月 昭和34年以前の旧製品の製造を中止し、業種転換を完了
昭和45年
(1970)
9月 ステンレス管用光輝焼鈍炉を設置
昭和47年
(1972)
5月 大型スリッターを設置
昭和48年
(1973)
6月 大阪証券取引所第2部に株式上場
昭和49年
(1974)
5月 大阪事務所を開設
昭和52年
(1977)
4月 ステンレス クラッド管の新鋭生産設備を開発
昭和54年
(1979)
4月 財団法人 森教育振興会を設立
昭和55年
(1980)
7月 東京証券取引所第2部に株式上場
昭和57年
(1982)
1月 広島営業所を開設
昭和58年
(1983)
3月 ステンレス帯鋼用20段式冷間圧延設備を設置
新製品として冷間成形ステンレス条鋼の製造を開始
6月 東京・大阪証券取引所第1部に株式上場
昭和59年
(1984)
6月 太陽工業(ステンレス管・鋼管製造)に資本参加し、埼玉モリ工業(現・関東モリ工業)に社名を変更
10月 埼玉営業所を開設
12月 在阪の子会社4社(しろがね産業、竹田工業、モリ・ステンレス建材、森製作所)を合併させ、モリ金属を設立
昭和61年
(1986)
10月 美原工場が竣工
普通帯鋼用冷間圧延設備を設置
昭和62年
(1987)
9月 福岡営業所を開設
平成元年
(1989)
4月 河内長野本館が竣工
平成2年
(1990)
1月 新製品としてステンレス角管の製造を開始
2月 ステンレス帯鋼用20段式冷間圧延設備を増設
平成3年
(1991)
11月 埼玉モリ工業(現・関東モリ工業)の工場建て替え工事が完了
平成6年
(1994)
9月 河内長野工場にステンレス管用立体倉庫が竣工
10月 埼玉モリ工業を関東モリ工業に社名変更
平成9年
(1997)
8月 福岡配送センターを開設し、九州・中国地区よりステンレス建材製品の在庫販売を開始
平成10年
(1998)
3月 大阪配送センターを開設
7月 関東配送センターを開設
平成11年
(1999)
1月 東関東配送センターを開設
9月 名古屋配送センターを開設
平成12年
(2000)
6月 東京支店を移転
第3代社長に森宏明が就任
平成13年
(2001)
7月 新製品として熱間圧延ステンレス条鋼の製造を水海道工場(現・茨城工場)にて開始
12月 東関東配送センターの第1期増築工事が完了
平成14年
(2002)
3月 ISO 9002 認証登録(河内長野工場)
(平成15年4月 ISO 9001へ移行)
平成15年
(2003)
8月 安城配送センターを開設
平成16年
(2004)
6月 (株)ニットク の設立
10月 ISO 14001 認証登録(河内長野工場)
平成17年
(2005)
9月 岡山営業所および岡山配送センターを開設
11月 東関東配送センターの第2期増築工事が完了
平成18年
(2006)
5月 大阪市中央区西心斎橋に本社を移転
平成22年
(2010)
10月 タイのオートメタル社に資本参加
平成23年
(2011)
7月 レーザー溶接造管機を導入
平成24年
(2012)
10月 インドネシア共和国に製造子会社
PT. MORY INDUSTRIES INDONESIAを設立
平成28年
(2016)
4月 広島営業所および岡山営業所を統合し、中四国営業所を開設
自転車用前ホーク
pagetop
HOME お問い合わせ サイトマップ English モリ工業株式会社